アクセスマップへ 問い合わせメール
H18 蕎麦日記 続編
 
 




10月14日 71日目
予定通り本日刈取です。全部で16名の参加、プラス差入に小さな女の子含めKさん親子2名、全部で18名となりました。最初はMさんの冗談も聞きながら始まりましたが、徐々に声が聞こえなくなり、本日の刈取予定16アールはどうなるか不安も頭をよぎる出だしとなりましたが、開始から約一時間、お茶とりんごと漬物プラスクッキーで、たばこどきのときにはほぼ半分刈り終え、やっとめどがつき予定では11時半終了でしたが、雨で倒れていたのと思ったより雑草が作業を邪魔し12時少し前に無事刈取終了です。Kさん親子、ご馳走様でした。収量は、まだわかりません。思ったよりも取れるかなあという期待はありますが・・・
刈り取った蕎麦はそのまま乾燥し、後日脱穀する予定です。実は今日のご褒美にすべく、2週間前に蕎麦を刈っていたのですが、台風がらみの雨や悪天候で、ビニールハウスに入れていたにもかかわらず、乾燥が全く進まず、3日前に刈り、ただ畑に置いた分がよく乾燥しており、いろいろ他の日記を見たら、ある地域では刈って一ヶ月そのまま畑で乾燥させていました。島立てした分の乾きも悪く、結局何もしないのが一番かなあと思い、今年はこれで試してみます。 失敗したらごめんなさい。
で、作業終了後のご褒美は、お知らせしていたとおり新蕎麦の昼食会です。会場は場所を移動し母屋囲炉裏端。文化財の囲炉裏端をを囲んでの雰囲気は非常にいいものです。金野正浩氏が朝から打った蕎麦を参加者全員でいただき、新蕎麦の香りを楽しみました。自分たちの蕎麦は間に合いませんでしたが北海道産の新蕎麦を取り寄せていただき、つゆも前日から仕込んだ特製、新鮮な蕎麦の香りを楽しみながらおいしくいただき、当然つきもののお酒も少々いただきました。金野名人、有難うございました。今日参加できなかった皆さん、ごめんなさい。
北田社長から本日の参加者の紹介等あり、和気藹々と過ごして午後2時半散会となりました。次はそば打ち教室を開催します。皆さん、ご期待ください。今度はぜひ参加してください。名人金野正浩氏いわく、「2回習えば、何とか自分で打てるようになる。」と言うことですが私は不安です。 自分で道具をそろえたい方はコ○リのが初心者に手ごろで5人前程度なら十分なそうです。
さて、あした、皆さん筋肉痛でしょう。ゆっくり日曜日をお過ごしください。ゴルフの予定の方もいるようですがスコアは???

10月17日
先に刈ってあった分を毎日、乾かしています。まだ青いところが残っていますが、実は束を持ち上げるとポロポロすぐに落ちてしまいます。できれば畑の分といっしょに脱穀したいのですが・・・・後ろでハーベスタが所在なげにただ待っています。

       
 トップへ    


◆事務局 〒029-0803 岩手県一関市千厩町千厩字北方134 Tel:0191-53-2070
E-mail:toiawase@sakenokura.com

Copyright (C) 2005 千厩まちづくり株式会社.

トップページ せんまや逸品カタログ  蔵 くらでねっと  散策スポット  蔵KURA倶楽部  プライバーポリシー